《基礎知識》ダイエットのことを体重を減らすという考え方はとりあえず忘れよう

セルライトというのは、現在でも定義がわかっていないことから、医学的には認められていない存在です。
しかし現実にセルライトが脚痩せの大きな妨げになっていることは確かなことなのです。ダイエットとは、体重を減らすという考え方では無く、セルライトを減らすと言った方が正しいかもしれません。
足が太くなってしまう大きな原因となるほとんどがこのセルライトなのです。脚痩せダイエットを始める前には必ずセルライトについてしっかりと理解をしておくようにしましょう。
商品や鉱石のような名前ですが、セルライトというのは腹部や臀部、または大腿部にブロック状にある不均一な皮下脂肪のことを言います。 美容で大切なこととしまして、基本的なことはやはりダイエットとなりますが、ダイエット方法もしっかりと考えなければいけません。
みんなが実践をしているダイエット方法だからと言って、それが貴方にも効果があるとは決して限らないのです。



《基礎知識》ダイエットのことを体重を減らすという考え方はとりあえず忘れようブログ:2022/12/01

ご飯や食パン、パスタを食べないという
炭水化物抜きの減量って、あまりよくないみたいですね。

確かに、炭水化物を摂らない減量方法は、
短期間でかなりの体重を落とすことが可能なんですが…

具体的な方法は…
6時は糖分やミルクを入れない紅茶とグレープフルーツ半分、
昼は少量のオイルで火を通した肉や魚を少々と野菜、
23時は野菜や果物を好きなだけ…といった食事内容です。

この方法で実際に、
体重を大幅に短期間で減らしたという方もいますが、
一ヶ月以内でリバウンドしたという人も少なくありません。

さらに、炭水化物を一切摂らない減量方法は、
短期間集中で行うなら良いのですが、
からだが冷えやすくなり、基礎代謝が下がることから、
痩せにくいからだになるとも言われています。

炭水化物抜きの減量は、
野菜やくだもので酵素は補っているのですが、
タンパク質を消化するビタミン、ミネラルが不足します。

ビタミン、ミネラルが不足し、
タンパク質が消化できないということは、
胃や腸などの消化器官に負担がかかり、胃腸が弱い方には向かないのです。

なので、
リバウンドしない減量や、
健康を損なわない減量、
美肌を保ち若々しさをキープする減量の為には、
炭水化物が不可欠なんです!

また炭水化物を食べることで、
脳からセロトニンが分泌され、満腹感も与えてくれるのです。

特に、精製していない炭水化物は良く噛まなければなりませんから、
少量でも腹が満足するので、
減量の大敵である食べ過ぎも防いでくれますよ!